介護福祉士等の資格保有者を生涯支える離職時の届出制度がスタート!

公開日:2017年4月1日 00時00分

社会福祉法の改正により、平成29年4月から介護福祉士資格をお持ちの方は、離職時に都道府県福祉人材センターに届出ることが努力義務となりました。

また、これに伴い、介護福祉士以外の介護人材も、離職時に福祉人材センターに登録しておくことで、再就職に役立つ情報提供や再就職時の貸付等の各種支援事業が利用できますので、ぜひ届出をお願いします。

 

 

・届出できる方  介護福祉士や介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、

         旧介護職員基礎研修を修了された方

 

・届出の方法   離職されたご本人が、インターネットや福祉人材センター窓口にて所定の届出票により行っていた

         だきます。

        (インターネットへの接続環境のある方は、できるだけインターネットでの登録をお願いします。

 

         ⇒インターネット登録の方  https://www.fukushi-work.jp/todokede/

 

 

         ⇒窓口登録の方(インターネット登録ができない方)  届出票を窓口で記入、もしくは郵送

                 (※届出票の様式のダウンロードは、平成29年4月1日から可能になる予定です。)

                 (※介護福祉士資格をお持ちの方は、登録番号と登録年月日の記入が必要となります。)

 

 

・登録をすると  届出者専用のページやメール、郵送により、再就職準備金等の貸付事業や就職フェア等の就職に役立

         つ情報提供と再就職に不安がある場合には、現場見学会や介護技術研修等の各種支援事業が利用でき

         ます。

 

 

詳しくは、福井県福祉人材センターまでお問合せください。

 

 

 

 

公開日:2017年4月1日 00時00分

情報発信元

人材研修課 福井県福祉人材センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号県社会福祉センター1階
TEL 0776-21-2294 FAX 0776-24-4187
E-mail manp@f-shakyo.or.jp