福島県で介護職を目指す方への奨学金貸付について

公開日:2014年5月28日 08時20分

 福島県では3.11以降、避難指示区域等が継続していることによって、現在も休止中の社会福祉施設が数多くあります。また、介護施設や障害者施設を退職する人が相次ぎ、沿岸部において再開している社会福祉施設では、震災の発生から3年がたった今も人手不足が続いています。

 南相馬市や飯館村など相双地域等では特に職員が足りず、去年12月の介護職の有効求人倍率は5.11倍と全国平均の2倍以上に達しています。

 このため、福島県外からUターンして介護職に就職する学生の方々や福島県の相双地域等に移り住んで新たに介護職に就く人を対象に、介護職員初任者研修修了等の資格を取得するための研修費用を15万円を上限に、引っ越しなどのための支度金として一律30万円を、それぞれ貸し付ける優遇制度を始めます。
 この制度では介護職として1年間働けば支度金の返済が、2年間働けば研修費用の返済がそれぞれ免除されます。
 なお、この制度は現在、避難のため県外で暮らしている住民も利用できます。

 

 詳しくは、福島県社会福祉協議会の事業案内をご覧ください。

 

 http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/3000/3501.html

公開日:2014年5月28日 08時20分

情報発信元

人材研修課 福井県福祉人材センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号県社会福祉センター1階
TEL 0776-21-2294 FAX 0776-24-4187
E-mail manp@f-shakyo.or.jp