広報誌7月号特別企画「オンライン座談会~福祉現場が直面したコロナ禍~」開催

公開日:2020年7月27日 08時30分

 

 今回の新型コロナウイルス禍にあって、県内の福祉施設や介護事業所では、介護や生活援助、保育等さまざまなサービスや支援活動に献身的・継続的に取り組んできました。反面、福祉の現場は、高齢者や障がい者、乳幼児との身体的な接触を避けることができないだけでなく、利用者の中には、感染によって重篤化するリスクが高い方やマスクの着用が難しいなど、自ら衛生管理を十分に行えない方もいます。

 

 

 第1波を乗り越えた今、こうしたリスクと向き合い「そばで支える」という福祉実践の理念を礎に、ケアと感染対策の両立にどう取り組むべきかをテーマに去る6月20日(土)、コロナ禍に直面した福祉施設、介護事業所の代表者と感染症の専門家によるオンライン座談会を開催しました。

 

オンライン座談会写真① オンライン座談会写真

 

 

 

 座談会の内容については、本会広報誌「ふくい社会福祉」7月号の別冊「特別企画」に掲載しています。

 

     ↓ ↓ ↓   こちらからダウンロードもできます。   ↓ ↓ ↓      

 

 ・「ふくい社会福祉」7月号(第443号) ・7月号別冊(特別企画「オンライン座談会」)

 

 

 

 

※本会広報誌「ふくい社会福祉」のバックナンバーは ⇒ こちらから

 

 

 

添付ファイル


PDFファイルを閲覧するためにはAdobe(R) Reader(TM)が必要です。Adobe(R) Reader(TM)はこちらからダウンロードできます。

公開日:2020年7月27日 08時30分

情報発信元

総務企画課

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-2339 FAX 0776-24-8941
E-mail somu@f-shakyo.or.jp