「平成30年7月豪雨災害」に関する情報 (7月27日)

公開日:2018年7月27日 14時00分

 

台風7号および活発化した梅雨前線によって、西日本の広い地域で大きな災害(平成30年7月豪雨災害)が発生しました。

現時点で、福井県社協が整理している事がらを皆さんと共有させていただきます。

情報は、随時更新していく予定です。

 

 

Ⅰ 被災地域に関する情報

 

各地の災害に関する情報や災害救助法の適用地域は、内閣府の「防災情報のページ」で確認できます。

(災害情報)         http://www.bousai.go.jp/

(災害救助法の適用) http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/kyuujo_tekiyou.html

 

 

Ⅱ 災害ボランティア活動について~「想い」を意義あるものにするために~

 

いまも被災地では人命救助が続けられています。

【被災者中心】・【地元主体】・【協働】という3つの考え方を真ん中に置いて、必要なときに・必要なことを・必要に応じてサポートしていけるよう、被災された方や地域に『想い』を馳せながら活動に取り組んでいきましょう。

 

◆ 災害ボランティア活動に関する情報

被災地では被災された方への支援ニーズも変化し、災害ボランティアセンターでの活動(募集)状況も変化していきます。

継続的に被災地をサポートしていくために何ができるかを考え、実際の活動にあたっては、毎日更新される以下の最新の情報で確認するようにしてください。

 

 全国社会福祉協議会の「被災地支援・災害ボランティア情報」

 

このサイトでは、おもに次のような情報が掲載されています。

 ◎ 「市区町村災害ボランティアセンター等のボランティア募集状況」

 ◎ 「災害ボランティア活動を希望されるみなさんへのお願い」

 ◎ ボランティア活動への交通手段に関する情報

 ◎ 義援金・支援金に関する情報

このほか、毎日更新される情報として次のような情報も提供されています。

 ◎ ボランティアの活動状況 ※7/26現在「第19報」まで発信

 ◎ 社会福祉協議会による広域ブロックによる支援の状況

 

これらの情報からは、被災した地域の社協(災害ボランティアセンター)の動きに加え、ボランティア活動に際して事前に確認しておきたい事項を把握することもできます。

事前に情報を確認しておくことで、現地窓口への直接の問合せを減らしたり、災害発生以来、被災者のために現地で活動調整に尽力している災害ボランティアセンター(スタッフ)が個別の問い合わせに対応するなどの負担を減らすことにもつながります。

 

◆ ボランティア活動保険は、必ず最寄りの社協で事前加入しましょう

 

ボランティア活動に参加されるご自身のために、必ず「ボランティア活動保険」などに加入し、加入証明書などを持参のうえ現地で活動してください。

申込手続きは、福井県社協、またはお住まいの地域の市町社協の窓口で行っています。

なお、平成30年4月以降、すでに加入されている場合は重複での加入は不要です。

 

また、今回の保険加入は、「大規模災害特例の適用」を受けますので、加入申込手続きが完了した時点で保険が適用され、被災地までの移動中の事故も補償対象となります。

このボランティア活動保険には、基本タイプと天災タイプがありますが、今回の災害は基本タイプで対応できます。天災タイプでは地震・噴火・津波によるボランティア自身のケガが補されます。保険内容の詳細は、[ふくしの保険]で確認してください。

 

 

Ⅲ 福井県社協・県内市町社協の動き

 

全国の都道府県・指定都市社協は、災害時の支援活動について、広域ブロック(複数の都道府県を単位)で相互支援に関する協定を締結しています

今月27日(金)からは、被災地の災害ボランティアセンターの運営支援に加え、緊急的な生活資金の貸付業務を応援するため、全国の広域ブロックによる支援体制が組まれることになっています。

<広域ブロックによる災害ボランティアセンターの運営支援等>

【広島県内の支援】 近畿ブロック以外のブロック  1日あたり63名の社協職員

【岡山県内の支援】 近畿ブロック  1日あたり31名の社協職員

【愛媛県内の支援】 四国ブロック  1日あたり12名の社協職員

福井県社協は、7月27日(金)から8月13日(月)まで、全4クールの期間を石川県社協・富山県社協とともに、【広島県江田島市】で災害ボランティアセンターの運営支援(職員派遣)にあたりま

全国の都道府県・指定都市社協は、災害時の支援活動について、広域ブロック(複数の都道府県を単位)で相互支援に関する協定を締結しています

今月27日(金)からは、被災地の災害ボランティアセンターの運営支援に加え、29日(日)からは、緊急的な生活資金の貸付業務を応援するため、全国の広域ブロックによる支援体制が強化されます。

 

◎ 福井県社協の動き

(1) 災害ボランティアセンターの運営支援(広島県江田島市)

福井県社協と県内の市町社協は、7月27日(金)から8月13日(月)まで、全4クールの期間中に6名(福井県社協5名、福井市社協1名)の職員を広島県江田島市の災害ボランティアセンター運営支援業務に派遣します。

全国の広域ブロックによる被災地の災害ボランティアセンター運営支援の担当は、次のとおりです。

【広島県内の支援】 近畿、四国ブロック以外のブロック  1日あたり63名の社協職員

【岡山県内の支援】 近畿ブロック  1日あたり31名の社協職員

【愛媛県内の支援】 四国ブロック  1日あたり12名の社協職員

 

(2) 緊急小口資金特例貸付業務支援(岡山県倉敷市)

また、7月29日(日)から8月11日(土)まで、全3クールの期間中に5名(福井県社協5名)の職員を岡山県倉敷市に派遣し、被災された方の緊急的な資金需要に対応する資金の貸付業務支援を行います。

岡山県内でのこの業務には、近畿ブロック、東海北陸ブロック、北海道・東北ブロックが担当し、岡山県内で期間中に約90名の社協職員が対応します。

す。あわせて福井県内の市町社協による応援体制についても随時調整を行っています。

また、福井県社協では、災害ボランティアセンターの運営支援に加え、7月30日(月)から8月10日(金)まで、岡山県内での生活資金貸付業務を応援するため、職員を派遣することとしています。

 

Ⅳ 救援物資

 

今後、皆さんからの物資提供が必要になる場合は、その時点で情報が提供されますので、それまでは慌てずに対応しましょう。

「何とかしてあげたい」という思いで個別に物資を送ったことが、被災地にとっては受入れや仕分けなどが負担となったり、物資が届いた時点で必要な物資が既に変化してしまう場合などもあります。

全体の状況を見定めることも、被災地を支援していく立派な活動です。

物資などの提供は、親戚や知人など、相手の顔が見える場合に限定して対応されることをお勧めします。

 

 

添付ファイル


PDFファイルを閲覧するためにはAdobe(R) Reader(TM)が必要です。Adobe(R) Reader(TM)はこちらからダウンロードできます。

公開日:2018年7月27日 14時00分

情報発信元

総務施設課

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-2339 FAX 0776-24-8941
E-mail somu@f-shakyo.or.jp